AED自動体外式除細動器
 「スポーツ中に突然倒れ、そのまま亡くなった」というニュースが1年のうちには何回か報道されます。心臓が止まり亡くなってしまう心臓突然死のために、日本国内だけでも年間3万人〜5万人の人が犠牲になっているといわれています。この心臓突然死の原因のほとんどは心室細動(しんしつさいどう)VF:Ventricular Fibrillation)です。この心室細動を治す唯一の方法は「できるだけ早く電気ショックを行う」ことです。200471日に厚生労働省が非医療従事者にAEDAutomated External Defibrillator自動体外式除細動器(じょさいどうき)の使用を認めたのをきっかけに、一般の人も広く知ることとなりました。高円宮様が突然帰らぬ人になられた時にその必要性が注目されました。成人において心停止された人の心電図は7080%が心室細動(VF)または無脈性心室性拍症(ひんぱくしょう)pulseless VT)であるといわれています。
AED自動体外式除細動器(図1)

「急病人が発生!」、心停止・呼吸停止状態となっている患者に除細動が必要と考えられても、除細動は医師にのみ許される医療行為でした。日本で救急救命士法が制定された1991年(平成3年)からは、救急救命士が現場から医師に連絡を取り、指示を受けながら除細動を実施することが可能となりました。
心臓突然死の大きな原因である心室細動は除細動を実施するのが1分遅れるごとに救命率は7〜10ずつ低下するといわれ、5分後には半分が、10分後にはほとんどの人が助からないといわれています(図2)。

また心停止により脳組織は4分で障害が始まり、10分後には脳死状態になります。したがって心停止後5分以内の除細動が必要とされているのは完全な脳障害となる前に除細動を行い、心拍を回復させるためなのです。
 2003年(平成15年)4月、ようやく医師の指示がなくても救急救命士の判断で除細動を実施することが可能となり救命率が高まりました。さらに2004年(平成16年)7月1日に医師、救急救命士などの医療従事者だけでなく、一般市民もAEDの使用が可能となりました。医療に従事しない一般の人がAEDを使用しても医師法に違反せず、刑事・民事上の責任も問われない画期的な医療改革です。



1 AED


2 心室細動の時間経過による
生存退院率
2.AEDを必要とする致命的な不整脈
1)心室細動とは?
心臓の動きは右心房にある洞結節の自動興奮に始まり、心房を経て房室結節に至り、さらにヒス束、プルキンエ束を介して心室へ伝道され、心室筋の興奮が誘導されて引き起こされます(図3)。この心臓の電気的興奮の伝わり方をとらえたのが心電図です(図4)。
心室細動(図5)は一言で言うとうまく心臓が動かなくなることです。これは心室筋があちこちでまとまりのない、不規則で小さな電気的興奮をおこして心臓のポンプとしての機能が失われ、全身に送り出せなくなる状態です。この不整脈が発生すると数秒間で意識消失がおこり、10秒くらいでけいれん発作が出現し、数分続くと脳に取り返しのつかない障害が生じます。したがってただちに除細動を実施しないと死に至ります。AEDにより強い電気的刺激を与えると、心室筋の細胞内の電圧が変化し、洞結節が動き始め、本来の心臓の動きを取り戻します。


2)心室性頻拍症(図6)
 突然に心室の一部から異所(本来、電気的興奮が発生しないところ)性の刺激発生が連続して頻脈を呈するものを心室性頻拍症と呼びます。一般的に心拍数は150200と多くなり、心室細動へ移行して致命的な結果を招くことがあります。
3.救急蘇生法とAED講習会
 救急蘇生法には、重篤な患者を救命するために行われる手当てや処置、治療法が含まれます。救命のためには@気道の確保、A人工呼吸、B心臓マッサージといった心肺蘇生が有効的に行われなければなりません。
 肺蘇生法には一般市民が口や手を使って行なう一次救命処置(BLSBasic Life Support)と医療従事者が医療器具や薬剤などを用いて救命処置を行なう二次救命処置(ACLS:Advanced Cardiovascular Life Support)とがあります。先述のとおり平成167月から一次救命処置としてAEDを用いても良いことになりました。しかしながら目の前に心停止状態の人が倒れていた場合、いざAEDを使う必要があったとしても、AEDに対する知識がまったくない状態ではかえってパニックに陥ることが危惧されるため、その構造や使用法にある程度精通している必要があり、そのため県内でも医師会、消防、赤十字の各団体が中心となってAED講習会を開催しています。
心肺蘇生の上で大切だと考えられているものは「救命の連鎖」(図7)と呼ばれています。
  1)できるだけ早く患者の状態を把握し、通報する
  2)迅速に心肺蘇生を開始する
  3)AEDにより迅速に除細動を実施する
  4)気道確保、人工呼吸、薬物静脈内投与などの二次救命処置を実施する




4 救命の連鎖
4.AED の使用法と注意点
 AEDは患者の胸に電極付のパッドを貼り付ければ、後は器械が自動的に心電図を計測し、電気ショックが必要かどうかを判断し、音声による指示に従って電気ショックを与えます。
 AEDは優れた心電図診断機能をもっており、心室細動および心室性頻拍症以外では作動しないようになっています。また約3kgと軽量なため、持ち運びに便利であると同時に自動点検機能を内蔵し、メンテナンスも不要でバッテリー寿命は約5年と言われる優れものです。AED使用に際しては、以下のことが大切です。

   1)前胸部がぬれている場合は無効となるため水分や汗をふきとる
  2)胸毛が多いときは、その場所を避けるか、またはカミソリで剃ってからパッドを貼る
  3)ニトログリセリンなどがパッド装着の邪魔になるようであれば場所を変えるか、はがす
  4)植え込み型のペースメーカーや除細動器がある時は2.53.0cm程度はなす
  5)金属製のアクセサリーは熱傷の危険が高いのではずす

5.除細動器の良し悪し
 医師の指示のもとに救急救命士に実施が認められていた半自動式除細動器は単相性波形で、初回は200J(ジュール)の電気的エネルギーを、効果がない場合は300J360Jと上げて 除細動を行いますが、除細動のためのエネルギーが高いほど、また頻回に行うほど、心筋に与える障害が大きいと考えられています。最近では二相性波形の除細動器が導入され、低いエネルギー量でも単相性除細動器と同等以上の効果があり、心筋障害も少ないことから、その導入が推奨されています。
6.救急医療システムの構築と今後
 わが国では1963年(昭和38年)の消防法改正で消防機関が救急業務を行うようになり、119番で救急隊の要請を行うことができるようになりました。最近ではドクターカーやドクターヘリの運用も開始され、全国的に運用されつつあります。救命士制度が発足してから10年余りが経過し、平成144月救急救命士の資格を持つ消防隊員は12068人に達しました。医師の具体的な指導のもとに、特定行為と呼ばれる以下の3つの救急救命処置を実施することができるようになりました。

   1)半自動式除細動器による除細動(いわゆる電気ショック)
  2)乳酸リンゲル液を用いた静脈路確保のための輸液
  3)食道閉鎖式エアウェイおよびラリンゲアルマスクを用いた気道の確保

平成167月からは一定の追加講習と病院実習を受けた救急救命士による気管挿管が可能となりました。さらに平成18年を目途にアレルギーショックの際に必要なエピネフリンの投与も可能となります。
 AEDは欧米ではすでに空港や駅、競技場、学校などに備えられており、救命率が大きく向上しました。わが国でも飛行機の機内への設置が進められ、またサッカーJリーグのすべての試合会場に設置されるように進められています。「自分の施設にもあるらしいが、どこにあるかわからない」では、「宝のもちぐされ」であり、いざというときには間に合わないのです。宮崎市はAEDを本年613日に本庁舎1階(日中:市民課窓口、夜間・時間外:1階当直室)、第4庁舎1階警備員室、市保健所(開庁時:1階相談窓口、閉庁・時間外:1階警備員室)のほか、動物園(2ヶ所)、各救急車配置所(北消防署、北部出張所、西部出張所、東分署、南消防署、青島出張所、南部出張所、中部出張所、)の合計13ヶ所に設置しています。みなさんご存知でしたか?

              医療法人 将優会クリニックうしたに
                  理事長・院長 牛谷義秀

社団法人宮崎県トラック協会