プール熱の予防 〜プール利用を前に〜

 今年もいよいよ子供たちにとって待ち遠しいプールの季節がやってきます。昨年はプールなどを介して伝染し、高熱や結膜炎を引き起こす感染症である「プール熱」が猛威を振るいました。プールを利用する季節を前にプール熱に対する知識をおさらいしておきましょう。
1.プール熱(咽頭結膜熱)とは?
 プール熱は咽頭結膜熱と呼ばれていますが、その名のとおり、のどの痛み(咽頭炎) 、目の炎症(結膜炎)、38〜39度の高熱が特徴です。この咽頭結膜熱はアデノウイルスというウイルス感染が原因となって起こります。毎年6月頃から始まり、7〜8月をピークに子供がプールで移ることが多いのでプール熱と呼ばれています。
 プール熱は以前、小学校でプールを介して移ると考えられていました。実際に小学生が罹患することが多かったのですが、現在は5歳以下の患者が約60%を占めるといわれており、幼稚園や保育園でも流行しています。また最近では保育園での夏季保育も普遍的となりつつあり、集団生活がもたらす通年性の感染症としてプール熱の存在が認識されてきています。

2.アデノウイルスとは?

 プール熱の潜伏期は5〜7日で、主に飛沫感染(せきや高らかに話をするときに細かいしぶきとともに飛び散る病原菌やウイルスによる感染)といわれていますが、粘膜感染や経口感染もありうると考えられています。アデノウイルスは感染力が強いかぜウイルスの一種です。現在40種類以上のウイルスが発見されていますが、プール熱を引き起こすのは2型、3型が多く、そのほかにも1型、4型、14型などがありますが、自然に治ることが多く重症化することはほとんどありません。しかしながら7型感染の場合は肺炎を引き起こし重症化することがあるので注意が必要です。
 確定診断として、咽頭ぬぐい液や結膜からウイルス分離を行ったり、血清からアデノウイルスの抗原を検出したり、急性期と回復期のペア血清からの抗体上昇などで決定します。
3.プール熱の症状
1)高熱
 38〜39度、時には40度台の高熱が4〜7日続きます。高熱がなかなか引かず食欲もなくなるため、脱水症状や低栄養に注意が必要です。

2)のどの痛み
 のどが赤くはれ、4〜5日痛みます。
また扁桃腺炎をともない、食事ものどを通らなくなります。

3)結膜炎
 目が充血したり、めやにが出たり痛みが強い、などの結膜炎症状が出ます。


 このほかにも吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢、鼻水などのかぜ症状が認められることがあります。

4. 治療

 プール熱にかかったとしても原因であるアデノウイルスに直接効く薬はありませんが、かといって恐れる必要はありません。安静にして水分を十分に補給し、栄養をしっかり取って回復するのを待ちましょう。
1.高熱に対して
 急に熱を下げたり解熱剤の使いすぎには注意が必要です。涼しい部屋で氷枕などで熱を下げます。また高熱により脱水が強くなりやすいのでミネラルウオーターやスポーツドリンクなどの水分をよく取らせるようにします。脱水が進んでいるようなら点滴も考慮する必要があります。

2.のどの痛みに対して
 のどの痛みは1週間ほど続きます。この間はのどに刺激の少ない(のど)ごしのよいヨーグルト、プリンやゼリー、野菜ジュースやよく冷ましたスープなどを取らせるようにします。

3.結膜炎に対して
 めやにが出たり痛くなった時でも手指で触らないようにします。タオルや目薬を家族間で共用しないようにしましょう。症状に応じた治療が必要となりますので医療機関を受診しましょう。

4.そのほか下痢、嘔吐などの症状には止痢剤(下痢止め)や吐き気止めなど、対症療法が中心となります。

5.予防
 プールに入る前後にシャワーを十分に浴び、お尻をよく洗うことが大切です。また洗眼も十分に行うことが大切です。家ではタオルや洗面器の共用を避け、手指は石鹸や流水でこまめに洗いましょう。とくに排便後の手洗いやうがいが重要です。下痢があるときには、まだ便からウイルスが感染する危険性が高いのでプールは休ませるようにしましょう。またこのアデノウイルスは完治後も咽頭から約2週間、また便から3〜4週間にわたって排泄されるため感染源となります。したがって感染がはっきりしていた人との接触は避け、またオムツの取り扱いなどに注意が必要です。
 また感染を受けにくい体質や免疫を作ることも大切といわれますが、食生活の変化やストレス社会の中でアトピーや、喘息、花粉症が増えているといわれるように免疫力をつけることがはなはだ難しくなってきました。

6.最後に

 高熱が1週間続きますが、診断と症状に対する治療に問題がなければ肺炎などの合併症もありません。しかしながら感染力が強いため、症状が消えてから2日までは登校が禁止されている、学校保健法第2種の伝染病に指定されています。
 大人は免疫がしっかりしているのでプール熱は感染しにくいのですが、子供たちに移してしまう感染源となりますので注意してあげたいものです。

                医療法人将優会クリニックうしたに

                  理事長・院長 牛谷義秀

社団法人宮崎県トラック協会