視力をとりもどす《レーシック手術》
−近視・乱視をなおす−


 「裸眼で海にはいれる」「風呂でひげが剃れる」などの喜びの声が聞かれるレーシック手術を日本でいち早く手がけられた医師と最近会う機会がありました。メガネやコンタクトレンズから解放されるレーシック手術は非常に画期的な手術といえましょう。

1.LASIK(レーシック)手術とは?

 LASIK(レーシック)は高エネルギーを持ったエキシマレーザーという最先端技術を駆使した視力屈折矯正治療です。日本ではこの手術が20001月、厚生労働省からレーザー近視治療が承認されてから採用されるようになりましたが、高い技術レベルと高額の医療器械が必要になるためにまだまだ普及しているとはいえません。この治療法の日本の第1人者であると同時に自らもこの手術を受け、その恩恵を受けている筆者の大学の後輩眼科医は横浜で開業し、この治療法に取り組んでおられますが、幸いにも今回施設や手術に必要な機材を見学させてもらう機会がありました。レーシック手術はこのエキシマレーザーを使って角膜の中央部を削って焦点角度を調整する手術です。1000分の1mm単位の高い精度で角膜の形状を整え、短時間で視力を矯正する画期的な治療法です。このエキシマレーザーは数十年前に開発されていましたが、1990年ごろからアメリカを中心に角膜手術に応用されるようになりました。

2.LASIK(レーシック)手術の歴史

 1995年にアメリカのFDA(米国食品医薬品局)がエキシマレーザーの有効性と安全性を認め、2002年に全米眼科学会がレーシック手術の近視・乱視矯正方法の安全性、有効性を発表したことから本格的なレーシック時代が始まりました。現在アメリカでは年間70万人を超える手術が行われており、日本でも年間5万人の人がこの手術を受けるまでになりました。

3.どんな方がよろこんでおられますか?

 日本でもゴルファーやレーサー、水泳選手や野球選手などたくさんのプロのスポーツ選手がこの屈折矯正手術を受けてすばらしい視力を手に入れ、悩みから解放されているようです。メガネやコンタクトレンズのわずらわしさから解放され、また「新しい世界が手にはいった」と喜ばれている方は何もスポーツ選手ばかりではありません。この手術は近視・乱視の人、コンタクトレンズがむかない人・面倒くさい人、左右で見え方が違う人などのほか、屈折異常にともなう視力低下のほとんどの人が治療の対象になります。

4.この手術はだれでも受けられるの?
 メガネやコンタクトレンズを使っている人のほとんどが治療の対象と考えてよいと思います。すなわち、近視や乱視の人が治療対象となりますが、遠視の一部の人も対象になります。ところが、白内障や網膜などの病気がある人、重篤な糖尿病や原病(こうげんびょう)などの全身の病気がある人、角膜が薄い人、屈折度数が不安定な人、近視がまだ進む可能性のあり視力が安定しない成長期の若い人など、手術前の適応検査で5人に1人は受けられない人がいると聞いています。

5.手術方法や必要な時間は?

 レーシック手術はマイクロケラトームという精密機器で角膜にフラップというフタをつくります。次にフラップをめくり、あらわれた角膜実質層をエキシマレーザーで屈折矯正治療を行い、最後にフラップをもどすというもので、両眼20分で終了する痛みのない治療法です。
 この手術にあたっては数日前からコンタクトレンズをはずし、レンズによる角膜の圧迫を除去し本来の角膜のカーブに戻しておく必要があります。ソフトコンタクトレンズで3日前から、ハードコンタクトレンズで4週間必要と考えられています。

     

1.手術前に点眼薬で麻酔をします

2.角膜の表面を削りフラップをつくります

3.フラップをめくります

4.エキシマレーザーを照射します

5.フラップをもどします

6.フラップを自然に接着させます


6.手術に必要な費用は?
 レーシック手術は自由診療であり、健康保険は適用されません。費用は施設によって多少の差はありますが、片眼25万円、両眼で50万円程度というのが一般的です。

7.手術後の問題点は?

 レーシック手術で得られた視力はほかの眼の病気がおこらない限り、そのまま一生持続できると考えられています。レーシック手術が行われるようになってまだ15年程度しか経っていませんが、そのデータによればほとんどの人が手術当時の視力を維持できているものの、成人してから近視が進行したわずかの人に視力の低下が見られたと報告されています。このようなケースでも、角膜の厚みが足りていれば再治療が可能です。近視が戻った分だけレーザーの追加治療を無料で行ってくれる施設もあります。
 手術後、かすみや異物感があらわれることがありますが翌日には消えます。光が少々にじんで見えたり、まぶしかったりの視力異常も半年の時点で約90%の人が改善します。

8.手術が終わったら

 レーシック手術が終わったら、最低1週間はスポーツはひかえましょう。とくに水泳やダイビング、格闘技や球技は最低1ヶ月はひかえるようにしたいものです。また視力が回復したら運転は可能ですが、手術後間もない時期は夜間の運転で対向車のライトがまぶしく感じられることがあるので注意してください。

9.おわりに

 レーシック手術は「天空にきらめく星たちの鮮やかさを自分の目でみつめなおすことができたら」、「ダイビングで鮮やかなサンゴ礁と熱帯魚をながめられたら」、「サーフィンやゴルフ、スキー、テニス、サッカー、野球などのスポーツをメガネやコンタクトレンズがはずれないことを意識しないで思いっきり堪能できたら」、などという利用者の期待を裏切らない最新鋭の手術といえましょう。後輩眼科医のもとへ定期検査に訪れていた患者の口から、この手術の後「肩こりが治った」「ゴルフ場の風呂で友人の顔をみながら話ができるようになった」「熱いうどんを食べていてもメガネがくもらず、雑誌に目をとおせるようになった」などという現実的な声から、「人生が変わった」「世界が変わった」「性格まで明るくなった」などの喜びの声を聞くことができました。運転免許証の「眼鏡等」の条件も記載されなくなります。レーシック手術はメガネ、コンタクトレンズに続く第3の視力矯正治療法となっています。これからますます普及する手術法だと考えられますが、本当に自分にとって価値ある治療法なのかどうか、この治療に熟練した経験豊富な眼科医によくよく相談されることをおすすめします。


                     医療法人将優会クリニックうしたに

                        理事長・院長 牛谷義秀


社団法人宮崎県トラック協会