『巻き爪』

足の指の爪、とくに親指の爪が皮膚に食い込んでしまい、靴を履くのも大変で足先をぶつけただけでも激痛が走るような痛い思いをしてしまう、そんな足の病気に「巻き爪」があります。

1.巻き爪(陥入爪)の原因

「巻き爪」は「陥入爪(かんにゅうそう)」と呼ばれています。「巻き爪」は足親指に慢性的な外力(指の圧迫など)が加わり、爪の内側・外側のふちの部分が皮膚の下に食い込んでしまうためにおこります。爪の刺激により炎症が強くなると赤く腫れ上がり、感染を起こすとうみが出るようになり、次第に爪の周囲や爪下に広がってしまいます(爪周囲炎)。このような症状が長く続くと治りにくくなり、慢性的に激しい痛みを伴うようになります。「ふか爪」をしたり、ストッキングや足に合わない先細の靴による指の圧迫が原因と考えられています。「ふか爪」により爪の安定性が失われ、巻き爪になりやすくなるともいわれています。また長時間のたち仕事や爪のみず虫による変形も原因のひとつと考えられています。

2. 巻き爪の治療

感染がひどくて化膿している場合は、応急的に爪が食い込んでいる部分だけを切除する「部分抜爪」(図1)を行うだけでも大部分は改善します。しかし、何度も繰り返す場合には、炎症が比較的少ない時期に巻き込んでいる爪を根元から切除する根治手術(図3)が必要となります。「部分抜爪」では局所麻酔の処置を行う必要もありません。根治手術を行うに際しても入院の必要はなく、外来で処置できますので放置して長引くことがないように早めに外科、皮膚科などの診察を受けましょう。また特製の矯正板も考案されています。

3.巻き爪の予防法

爪の先の角(かど)を斜めに切る、いわゆる「ふか爪」が感染を起こす原因となるので爪を皮膚縁まで長めに伸ばしておくこと(図2)や足を清潔に保つために1日何回か洗う習慣が大切です。
また足指先に負担がかからず、足
の甲部分がしっかり固定される靴を選ぶことが大切です。

図1 巻き爪の応急処置
2 爪手入れの方法

    

巻き爪を部分切除

巻き爪の爪床温存
巻き爪の根元切除
爪根の反転