『唇ヘルペスー治療法と予防法ー』

不足や疲れ、抵抗力が低下したときに、唇や口角、鼻の下に水疱ができることがあります。
これはヘルペスウイルスが原因でおこる水疱でヘルペスと呼ばれています。
このヘルペスウイルスにはみずぼうそうや帯状疱疹(タイジョウホウシン)をおこす種類と唇や性器などに水疱を作る種類の2種類があります。


唇ヘルペスの症状

唇や口のまわりにピリピリ、チクチクしたり違和感やかゆみを感じたら、それが口唇ヘルペスの始まりです。
痛みとともに数時間後にはヘルペスウイルスが繁殖して赤くはれ上がり、水ぶくれができます。
ほとんどの人は子供の頃、気づかないうちに感染してしまっており、体の中の神経の一部に潜んでいます。
睡眠不足や過労がたたってからだの抵抗力が弱ると、ウイルスが皮膚表面に現れて再発します。
特に強い紫外線を浴びたときには注意が必要です。

唇ヘルペスの治療

治療としてはウイルスの増殖を抑え、ヘルペスを速やかに改善するために塗り薬を使ったり飲み薬を内服してもらいます。
また重症者には抗ウイルス剤の点滴を行うこともあります。
局所の感染予防のために抗生物質の投与が必要なこともあります。
早期治療を行えばかさぶたに変わり、1〜2週間で美しい口元がよみがえってきます。
しかしながらウイルスは体内からはなくならないので、過労や寝不足を避け、充分な睡眠と栄養をとることが大切です。
水疱がある間は感染の危険が高いので注意が必要です。

帯状疱疹との違い

 
  帯状疱疹はみずぼうそうが子供の間で感染するのとは対照的に、主に幼少時に感染した水痘(みずぼうそう)ウイルスが体力が低下した時に再度活性化したことによるものであってウイルスの伝染によっておこるのではないので伝染することはほとんどありません。
しかしながら、みずぼうそうにかかったことのない人は感染の危険がゼロではないので注意が必要です。
帯状疱疹は一定の神経支配領域に一致して小さな水疱のかたまりと神経痛が特徴です。
初発症状として痛みが出現した時点では皮膚症状が2〜3日後に小水疱が出現することが多いため、まれに早い時期での診断に苦慮することもありますが、一般に神経の走行に一致して、しかも片側のことが多いため比較的診断は簡単です。
治療は発症早期から抗ウイルス薬を内服または点滴することですみやかに軽快することが期待できますが、高齢者ほど痛みが強く水疱などの皮膚症状がなくなっても帯状疱疹後神経痛として長期にわたり残存することがあります。
難治性の神経痛を残さないためには早期診断、早期治療が何よりも大切です。

クリニックうしたに 院長 牛谷義秀